ダニエル・リカルドの紆余曲折。なぜレッドブル、ルノー、マクラーレンと移籍したのか当時の事情を関係者が紐解く

ダニエル・リカルドは、なぜこのような状況に陥ってしまったのか。彼にまつわる動きは2023年のF1の話題に一つになっている。

ダニエル・リカルドは、2023年アブダビGPが最後のF1レースになったかもしれないと言われていた。マクラーレンとの契約を1年早く打ち切られたリカルドは、レッドブルのサードドライバーになることが決まり、2011年半ばのデビュー以来、F1でレースをすることがない状態となった。F1のトップタレントの一人が置かれた状況は非常に驚くべきもので、グリッドに復帰する明確なルートを見いだすのは難しい。

なぜ、このような事態になったのか?ESPNはリカルドの動向を知るパドック関係者に話を聞き、なぜこのような展開になったのかを説明しているので、当サイトでそれを紹介していこう。  お名前.com

レッドブル退団

2018年にリカルドがレッドブルを去る決断をしたことは、今となってはそれが大きな間違いだったと考える人も多い。リカルドがなぜ離脱を決意したのかを見ると、いくつかの重要な瞬間が目立つ。

最初の出来事は、彼がルノーとの契約の下にサインを入れる10カ月前の2017年10月、レッドブルがマックス・フェルスタッペンと大型の契約延長を行ったことだ。これによりフェルスタッペンの2019年までの2年契約が2020年までの3年契約になり、20歳になったばかりでF1通算2勝目を挙げたフェルスタッペンは、チーム内の二人のドライバーの中でより高給取りとなった。これは大きな声明であり、フェルスタッペンがメルセデスに移籍するという憶測に終止符を打った。

この契約はリカルドを驚かせ、ちょっとした平手打ちのように感じられた。リカルドは個人的なレベルでは常にフェルスタッペンと良好な関係にあるように見えたが、この契約によって、チームが若いオランダ人であるチームメイトの周りに結集しているという感覚が始まったことは明らかである。2018年には、その感覚を強めるようなことがいくつか起こることになる。

2018年に入り、リカルドは契約年を迎えていた。彼は2016年に2年間の延長契約を結んでおり、パドックでは、メルセデスやフェラーリが彼の仕事に真剣に興味を示さない限り、彼は最低でも次の契約サイクルまでレッドブルに留まるだろうという認識だった。

その後の展開のきっかけになったと思われる2つ目の大きな出来事は、レッドブルのドライバープログラム責任者で、フェルスタッペンを陰で支える重要な存在であるヘルムート・マルコがモナコGPの直前に発したコメントである。当時リカルドの代理人だったグレン・ビービスとの契約交渉の中で、マルコは即座にこう言ったのだ。”2018年はダニエルと一緒にタイトルを獲って、2019年と2020年はマックスと一緒にタイトルを獲りたい”

2019年と2020年の契約交渉の最中だったビービスは、自分の耳に入ってきた言葉を信じることができなかった。マルコは明らかに良いことを意図していたが、それはチームの長期的な野望がフェルスタッペンを中心に据えていることを示唆しているように思えたのだ。さらに注目すべきは、モンテカルロ港に浮かぶモーターホームの上で行われたリカルドとチーム代表のクリスチャン・ホーナーとのミーティングにおいて、マルコがそのコメントを繰り返したことである。それまではリカルドは代理人からしか聞いていなかった。

このマルコの言葉を聞いたホーナーは、苛立った様子でマルコの足を叩き、チームはそんなことは考えていない、と言ったという。しかし、マルコのように社内に影響力のある人物の発言は響くものがあった。リカルドは2018年序盤こそチャンピオンシップの候補に挙がったものの、彼のマシンばかりが壊れてしまい、リタイヤを余儀なくされた。フェルスタッペンは2021年までタイトルを獲得できなかったので、結果としてマルコの目標が達成できなかったわけだが、それが可能かどうかより、マルコの「マックスは我々の仲間だ」という言葉に感じたことのほうが重要であった。

リカルドの疑惑は、それから数週間後にバクーで行われたアゼルバイジャンGPでフェルスタッペンと衝突したことでさらに強まった。この衝突事故はフェルスタッペンの責任だとする見方が大半を占めた。フェルスタッペンはF1初期にセバスチャン・ベッテルやキミ・ライコネンを苛立たせたブレーキング時の移動の癖がまだ残っていたのだ。

レース後の報告会ではフェルスタッペンがホーナーの怒りの矢面に立たされたが、その後の数日間、そして数週間、上層部からの非難が個人的にも公的にも、チームメイトから自分へと移っていったと感じたという。

マルコの先ほどのコメントと照らし合わせると、これがガレージの向こう側にいる彼を中心にチームが形成されつつあるという彼の考えをいかに助長したかは容易に想像がつく。ESPNは、レッドブルがチーム・フェルスタッペンになるというこの見解は、真実かどうかは別として、リカルドの親しい友人たちが彼に話していたことでもあり、その中には彼と仲の良い著名なTVプレゼンターも含まれていたと理解している。

ホーナーは、チームがフェルスタッペンを中心に動き始めていることを常に否定してきた。リカルドがルノーの契約にサインした後の数週間、ホーナーはリカルドが実は向上心のある若いチームメイトとの「戦いから逃げている」と主張した。

2022年、特にフェルスタッペンがブラジルでチームメイトのセルジオ・ペレスを助けてほしいという一見簡単そうな依頼をあからさまに無視した後では、フェルスタッペンがチームを動かしているという説を信じるのはずっと簡単なことである。しかし、2018年はリカルドが2人のドライバーの中でより洗練されており、そのシーズン前半の彼のフォームがそれを際立たせていた。

【チームオーダー拒否の言い訳は支離滅裂】マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラジオと、レース後の会見内容で明らかになるレッドブルの真のボス
マックス・フェルスタッペンは、サンパウロGPでセルジオ・ペレスにポジションを戻すことを拒否した後、二度とチームオーダーを出さないようにとレッドブルに伝え、ペレスは「彼の本性を見た」と答え、今後の二人の関係の悪化は避けられないように見られる ...

2018年の中国での勝利は、フェルスタッペンがレース勝利のチャンスをつぶした後にもたらされ、リカルドのバルテリ・ボッタスへの動きはその年のベストオーバーテイク賞にも輝くほどフィーチャーされていた。その数レース後、フェルスタッペンはレッドブルがポールポジションを獲得できるマシンを持っていたモナコGPの予選前の練習走行でクラッシュした。リカルドはそのようなミスはなく、マシンのMGU-Kが完全に故障していたにもかかわらず、ポールポジションから優勝することになった。今年の初め、ホーナーは2022年のリカルドはこの2レースを制したドライバーの見る影もないとコメントしている。 楽天トラベル(レンタカー)

レッドブルと契約をしないことを決めたリカルド。2ページ目に続く

コメント