【総合2位】シャルル・ルクレール「ペレスを騙したフェラーリのトリックが成功した」と戦略を明らかにする / サインツも2位を祝福!

シャルル・ルクレールは、アブダビで行われたドライバーズ選手権で、フェラーリの策略によってセルジオ・ペレスが2位を逃したことを明らかにした。

ルクレールはライバルであるセルジオ・ペレスに2度目のピットストップを促したことが、ドライバーズランキングで2位に押し上げたと話している。ルクレールとペレスは同ポイントで最終戦に臨み、先にゴールした方がチャンピオン、マックス・フェルスタッペンに次ぐランキング2位を獲得することになっていた。  お名前.com

1回目のピットストップの後、ペレスは2番手をキープしていたが、両チームは1ストップと2ストップのどちらの戦略がベストなのかを判断していた。34周目、ルクレールに「ボックス、ペレスと逆をしろ」と指示され、決定的な瞬間が訪れた。これに対し、ペレスはルクレールをかばうようにピットインしたが、ルクレールは入ってこず、代わりにワンストッパーに徹した。その結果、ペレスは6番手まで後退し、24周でフェラーリから約20秒遅れのタイムとなった。

ペレスはハミルトンを含むトラフィックに足をすくわれ1.3秒届かず、ルクレールは3ポイント差で2位を獲得した。レース後、Sky Sports F1に登場したルクレールは、自分を助けたトリックを明かした。

■ シャルル・ルクレール 予選3位→決勝2位(総合2位)

「今だから言えるけど、彼をだまして、僕らがピットに入ると思わせたんだ。彼はそれを受けて2回目のストップをかけたのだから、すべてが完璧で、我々の実行力を誇りに思う。チーム全体としては非常に難しいシーズンだった。スタートは非常に良かったが、その後、信頼性、戦略、タイヤマネージメントに多くの問題が出てきた。このような状況の中で、マシンのポテンシャルを最大限に引き出すことは容易ではなかったが、少なくとも上位でフィニッシュできたことは良かったと思う」

「レッドブルは今のところ僕らにないものを持っているようだから、僕たちはレースペースのための次のステップを見つけることに集中しなければならない。でも、レースの実行という点で、これだけいいパフォーマンスを見せられたのは励みになるね。」

ラブライブ!コラボキャンペーン

■カルロス・サインツ 予選4位→決勝4位(総合5位)

今日はまずますなレースでした。スタートはクリーンではなかったが、ターン6でメルセデスを追い越すことができた。残念ながら、ルイスの後ろでタイムとタイヤライフを失ったので、それ以降は2ストップ戦略にコミットした。全体的に力強いパフォーマンスだったし、良いチームワークでドライバーズチャンピオンシップでシャルルが2位、今週末の目標だったコンストラクターズチャンピオンシップで2位を獲得した。特に前半は楽なシーズンではありませんでしたが、ペースを取り戻すことができましたし、後半はマシンのフィーリングが良くなっています。シーズンを終えたばかりですが、この冬プッシュすることに完全に集中し、やる気があり、すでに来年を楽しみにしています。
チームのすべてのメンバーの多大な努力と決意、そして信じられないほどのサポートを提供してくれたすべてのティフォシに感謝します! 2023年を迎えよう!フォルツァ・フェラーリ!

【アブダビGP予選コメント】フェラーリ/シャルル・ルクレール「カルロスと協力してペレスと戦う」カルロス・サインツ「最後までプッシュしていく」
■シャルル・ルクレール 予選3位3位が今日のベストです。アブダビではよくあることですが、最終セクターでリアタイヤがオーバーヒートしてしまうなど、タイヤマネージメントの面でかなりトリッキーな予選になりました。カルロスは僕のすぐ後ろからスタート...
セルジオ・ペレス「第2スティントでスピードを抑えたマックス・フェルスタッペン」によってタイムをロスしたことが敗因と分析
セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンがアブダビGPの重要なステージで不注意に時間をロスしてしまったと考えているようだ。ペレスは、レッドブルのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンの中間スティントでペースが鍵となり、シャルル・...
『一休.com』

コメント