【マイアミGPプレビュー】アルファタウリ/ 角田裕毅「フォーミュラEセクターと名付けた」 / ピエール・ガスリー「いつも演出に驚く」

評価を上げている角田裕毅。ピエール・ガスリーを焦らせる存在になれるか?実力が試される新しいストリートサーキットを前にアルファタウリが2人のコメントを公開。

■角田裕毅 

「最終的なレース結果に非常に満足していても、イモラでは全体的に困難な週末でした。予選はうまくいかず、クルマにポテンシャルはあったものの、すべてをまとめることはできませんでした。なので理想的なスタートではありませんでしたが、スプリントでなんとか4ポジションを上げられて良かったです。日曜日、オープニングラップで再び順位を上げ、バトルを楽しみ、P7となってポイントを獲得しました。今年これまでの4レースでチームがポイントを獲得したのは3レースだけなので、その1つであることを意味しますし、これまでのF1キャリアで最高のレースだったと思います。

【イモラGP予選後コメント】アルファタウリ / 角田裕毅「アップデートの効果ない」 / ピエール・ガスリー「ベストな状態でノックアウトした」
F1の中団グループでは予選には比較的強いアルファタウリだが、2台揃ってQ1落ち。チームが角田裕毅とピエール・ガスリーのコメントを公開した。 ■角田裕毅 予選16位 「今週末、ここに新しいアップデートを持ってきたので、中団にいると...

マイアミは新しいサーキットなので、3回のフリープラックティスで学ぶこととなります。シミュレーターでトラックを運転しましたが、最初の2つのセクターは非常に高速で、中高速のコーナーがあります。セクター3は私が「フォーミュラEセクター」と呼んでいるもので、非常にタイトなコーナーがたくさんあり、全体的に見て運転するのに非常に興味深いトラックに見えます。追い越しは難しいかもしれませんが、楽しいと思いますので、予選をしっかりする必要があります。イモラと同じかそれ以上のロングランペースを持てればパーフェクト。トラックは真新しいので、フリープラクティスセッションは誰にとっても非常に重要です。金曜日にはデータ収集が最も重要なミッションになります。

ラブライブ!コラボキャンペーン

アメリカのレースでは、常にいろいろなことが周りで起こっている。すべてのメジャーなスポーツに関連させて大きなショーにしたいようだね。楽しいよ、でも仕事に専念するよ。忙しい週末の前に、早い段階でニューヨークに行ってボクシングの試合に出席したので、少し前に楽しむ機会がありました。新しい経験でした。初めてニューヨークを訪れたので、とても楽しかったです。」

お名前.com

■ピエール・ガスリー 


「イモラを振り返ってみると、金曜日のプラックティスは大丈夫だったけど、予選ではドライトラックでのタイヤをうまくマネージメントできなかったので、結局は後方になってしまった。それから、後ろの集団でスプリントで衝突があり、日曜日に再び後ろからスタートすることとなってしまった。レースでは、ルイスが後ろに、ウィリアムズが前にいるDRSトレインになっていたので、少し面倒だった。スプリントレースであまり運がなかったことを認め、そして何度かアンラッキーな状況に巻き込まれました。追い越すことができず、それだけでした。いくつかのアップデートがありましたが、トラックのコンディションが原因で評価するのは困難でした。マイアミに行くのが楽しみ。3回のフリープラクティスセッションがある通常の週末を過ごすことで、いくつかの本当のテストができるだろうし、結論を導き出せる。

【イモラGPスプリント後コメント】アルファタウリ / 角田裕毅「自信のある走りができた」ピエール・ガスリー「周はスペースくれなかった」
アルファタウリのピエール・ガスリーと、角田裕毅はスプリント予選で真逆の展開となってしまった。 ■角田裕毅 16番グリッドスタート→12位 「今日の流れには満足しています。良いスタートを切りれて、そこで何台か抜いてポジションを...

プラス面では、ユキが良い結果を示したように、クルマがうまく機能していることは明らかでした。クルマには明らかにポテンシャルがあり、素晴らしいレースが期待できます。しかし、クリーンな週末を送り、予選がうまくいき、できるだけフロントローに近いグリッドでスタートしない限り、それは起こらない。そして、それはトラックの種類にもよるし、マイアミでは予選が重要だろう、でも追い抜くことができると思う。しかし、スペインやモナコといった、イモラのようなレースがやってくるから、予選がはるかに重要であり、良い土曜日を過ごすことが鍵となる。

【イモラGP決勝後コメント】アルファタウリ/角田裕毅「皆の応援に背中を押された」ピエール・ガスリー「DRSトレインの中で何もできず」
アルファタウリのホームレースで角田裕毅は週末を通してピエール・ガスリーを上回った。 ■角田裕毅 12番グリッドスタート→7位 「今日、特にホームトラックでポイントを獲得できてとても嬉しいです。今日はここのグランドスタンドにフ...

シミュレーターでマイアミを運転しました。130周くらい走ったと思いますが、高速コーナーやロングストレートや低速でテクニカルなコーナーをドライブするのがとても楽しくなりそうなトラックに思えた。素晴らしいレースになると思います。主催者は常に観客を楽しませようとエンターテイメント面で特別なことをしようと試みている。だからアメリカでのレースサイドが好きなんだ。アメリカで少しだけ過ごしたけど、NBA、NFL、ホッケーなどの人気のあるスポーツを取りこもうとしている。行くたびに、いかに彼らが信じられないほどの特別な雰囲気を作り出しているかに驚かされている。この特別なエネルギー素晴らしい。マイアミが目立つイベントになるように、彼らの方針に沿って何かを計画していると思う。私の主な希望は、すべてのレースでポイントを獲得しつづけること、私の観点からすると、最初の3レースのように良いリズムを取り戻しイモラでの週末は忘れることだ」

【F1を最安値で見るならこちらからお申し込みを】→フジテレビONE・TWO・NEXT

楽天市場

コメント