【カナダGPプレビュー】アルファタウリ/角田裕毅「ゲームでよく走った経験で言うと良い考えがある」ピエール・ガスリー「マックスと一緒にフライトして楽しかった」

■角田裕毅 

「バクーではポイントがとれずレース結果は非常に残念ですが、週末を通してアゼルバイジャンではペースを上げており、非常に強力なショーだったので、この後のカナダへの週末のアプローチは楽観的です。予選ではチーム最高位で、ピエールに関しては5位で良いポイントを獲得しましたが、リアウィングの問題で自身の6位フィニッシュの可能性を失ったことは非常に苛立たしいことでした。なので、今週も進歩を続けたいと思っています。ラブライブ!コラボキャンペーン

モナコとバクーに続いて、モントリオールは全体的に低いグリップと高速コーナーがあるまた別の珍しいサーキットで、そのため、バクーと同様に速いストレートラインスピードを得るには、中低のダウンフォースで走るつもりです。シミュレーターでしか体験していませんが、面白そうです。実は、F1ゲームをプレイするときによく使ったコースなので、実際に運転する前ですが、シム上では、予想されることについて、まぁまぁ良い考えがありました。FP1の後に見てみます。中速と低速のコーナー、および高速のシケインが混在しています。これまでカナダに行ったことはありませんが、モントリオールは楽しい街だと言われたので、コースの内でも外でも、初めての訪問、そして発見を楽しみにしています。」

【アゼルバイジャンGP決勝後コメント】アルファタウリ/ピエール・ガスリー「メルセデスと戦えて今年最高の順位」角田裕毅「今日は簡単にP6でフィニッシュできたはず」
■ピエール・ガスリー 予選6位→決勝5位  「今日は私たちにとって非常に素晴らしい。特に今年の初めがどのように行われていたかを考えると、トップ5でのフィニッシュは本当に良いことです。これまで、それほど運がなかったので、かつてこ...

■ピエール・ガスリー 

「マックスと一緒にバクーから家に帰りました、そして彼がレースに勝ったので、それはかなり面白いフライトでした!バクーの週末に非常に満足していました。6番グリッドからの、レースで5位。素晴らしい戦略とピットストップ、素晴らしいスタートと良いスピードで、完璧な週末でした。最近のレースではあまり運がなかったので、チーム全体にとってとても嬉しかったです。大変でしたが、一緒に頑張って働き続け、ようやく成果を上げました。今になって、シーズンがきちんとスタートした気がします。お名前.com

カナダはまた違ったタイプのストリートサーキットで、特に今年は以前よりはるかに硬い新しいクルマなので、モントリオールサーキットは、本当に挑戦的なものになると思います。大きな縁石と高速は、最終コーナーと有名なチャンピオンズウォールと同様にまるでテストをしているような状態になります!縁石は特に避けなければなりませんが、以前は速いラップをするには縁石を乗り上げる必要がありました。過去2レースのようなのとは別のストリートサーキットですが、コーナーが速く、高速サーキットです。ペーパー上では、私たちの車には少し複雑かもしれないことを示しているので、完璧に準備しないといけないし、我々のパッケージからすべてを出し切らないといけないことを意味します。バクーで見たようなクルマのパフォーマンスで結果を得ようとするなら、チームはそのゲームのトップに立つ運用をする必要があります。」

【F1を最安値で見るならこちらからお申し込みを】→フジテレビONE・TWO・NEXT

楽天市場

 

コメント